いざリベンジへ!!! 全日本クンニ選手権で勝ち上がるためクンニ道場入門!!【ササオがゆく!! 第2弾Act.01】

RINGOMIDASHI

ササオがゆく第二弾はなんと道場入門!? はてさて、アップル写真館編集部若手のホープは一体どんな道場で、どんなお師匠さんに出会ったのでしょうか。それでは「リンゴな奴ら」の長期連作企画(多分)ササオがゆく第二弾の始まり始まり〜!!


■クンニなんて正直どうやったらいいかわからない!!

 皆さんご無沙汰しております。ササオです。第4回全日本クンニ選手権で一回戦敗退という結果が出てから早いもので4ヶ月が経とうとしています。編集長から「次回大会までにクンニ技術を磨き、オンナをイカせるテクニックを身につけるのだ!!」と叱咤されたことを心の隅へと押し込んでエロ本制作に励んで参りました。
 そんなある日、クンニクマンさんから第5回全日本クンニ選手権がそろそろ開幕するとの連絡が。もうそんな時期かと何気なく編集長に伝えると「ちゃんとクンニトレーニングしてたんだろうな? 次は結果出すんだぞ!」と…。なにもしていなかった僕が悪いのですが、クンニのトレーニングなんてどうやったらいいかわかんない!! と錯乱状態。焦ってクンニクマンさんに相談したところ「よかったらクンニ道場にいらしてください」とお優しい言葉をいただき、大会直前のトレーニング、ついでに取材も、ということで今回お邪魔してきました。

■クンニ道場とはなんですのぉ?

 新宿某所、夜8時頃の新宿は活気に溢れています。普段、夜の新宿にあまり行かないササオは正直ビビっていました。エロ本屋なのに風俗も滅多にいかないし、夜の世界ってなんか怖い…。そんなこんなでクンニクマンさんが道場を開いている建物へ到着。ササオ、クンニ道場への入門です。
 道場というくらいだから、すぐに役立つ必殺技を教えてもらえるのだろうと思っていました。これで大会も上位入賞だぜ! とか軽く考えていた僕は自分の甘さを痛感する事になるのです…。

クンニ道場1                       (クンニクマンさんとのマンツーマンレッスン。ササオは必勝のハチマキをつけ講義に臨む。)

 まず、お久しぶりということで軽く挨拶。それからマンツーマンでのレッスンの開始です。講義と実技の二部構成で、全体で90分ほどになります。そもそもクンニ道場はどういうところなのか? 道場では実技にて女性の本音(ダメだし)が聞け、クンニだけで女性をイカせるために手を使うことは禁止されています。そして、クンニクマン流クンニ術が学べます。
 普段、パートナーや風俗でセックスしているとき、女性は必ず演技をしています。それが気持ち良くなくても気持ち良いと言って男性に間違った自信をつけさせてしまう。そういったことが起こらないようにモデルの女性がどこが良くて、どこが悪いのか、本音で向き合ってくれるというストイックにクンニ道を極めたい人のための道場なのです。

■そもそもの話、クンニリングスって何ぞ…。

 男性の方々はクンニをやるとき何を考えているでしょうか? 僕はとりあえずオマンコ全体を舐めとけばキモチイだろうと、あまりよく考えずクンニしていました。クンニクマンさん曰く、クンニとはフェラなどと同じ対応技「場所・観察力・想像力」が重要だというのです。【場所】は1番感じるポイント。【観察力】は反応を見て感じるポイントを見抜いたり、どのくらいの強さがいいか見抜く力。【想像力】はどういう風に舐めるかを考える力です。なにげなくフェラされていましたが、上手い子はホントに気持ち良いとこ攻めてきますよね! それを男性陣が学ぶべきだということです!!

■クンニにおける心技体で1番大事なもの。

 武道に心技体があるように、クンニにも心技体があります。舌を動かし続けられる体力、舐め方のバリエーションなどの技、そして、女性へのいたわり・気遣いからなっているとのことです。普通に考えて、技だったり体力があれば女性を簡単にイカせられるのだと僕は思っていました。でもクンニクマンさんの教えで1番大事なのは心だというのです。
 なぜ心が大事なのか…? 例で出されたのは風俗でフェラをされてるとき上手くてイカされても、なんかむなしいときがないか…それは嫌々やられてるというのが伝わるから。クンニにおいてもそれは同じで、純粋にオマンコが好きというまっすぐな気持ちが女性の気持ち良さに繋がるとのことです。

■ズバリ! 女性を感じさせるために必要なことは?

 まず男が感じるために必要なことは…まあ刺激があればそれで気持ち良いですよね。でも女性が感じるためには信頼感・安心感・リラックスが必要だとクンニクマンさんは言います。先ほどのクンニにおける心技体で心が大事だということと繋がるのですが、心のつながりというものを女性は強く望んでいるそうです。女性が恋人とのセックスが1番感じるという話をよく聞くのはこのため。
 次に感じさせるためにはどうしたらいいか。それには自分を知る事、相手を知る事、思いを伝えることが大切だとのことです。自分の舌の長さや固さはどうなのかなどを知り、相手の感じる場所はどこなのかを知り、オマンコを舐めたいという気持ちを伝える…簡単そうで難しいこれらを実践して女性が感じてくれる! と…。なんだか改めて自分を見つめ直す機会をもらえたような気がします。

クンニ道場2                             (クンニクマンさんの講義を真剣に聞くササオ。)

■そうだったのか!? クンニにおける男の勘違い

 ここまでの講義で心構えが大事だということがよくわかりました。それはよくわかったのですが、僕にはもう時間が無い(このとき大会4日前)! 早く必殺技教えて下さいとクンニクマンさんに聞くと「必殺技は存在しません!」えー!? 僕のクンニはどうすれば上達するんだ!! さすがに心構えだけでうまくなれるほど甘くないでしょと自暴自棄に。するとクンニクマンさんはクンニで重要なのは「舐め方ではなく場所で同じ場所を同じ舐め方で舐める事、同じベクトルで一定のリズムが必要」だというのです。舐め方ではない!? 最初にクンニとは対応技であるということは学びましたけど、感じるポイントを探すこと、そしてそこをずっと攻め続けられること!! それがクンニクマン流のクンニ術だったのです。

クンニ道場3                           (オマンコの図を使って説明するクンニクマンさん。)

■初心者なら押させておきたいクンニの基本4手順!

 クンニをするときの手順は以下のようにするのが基本だといいます。

①クリを中心とした付近全体を圧迫するように舌を当てる。
②反応を頼りに感じるポイントを探す
③相手の好むタッチ、強さ、舐め方を決める
④同じ強さ、リズム、スピードで舐め続ける

 文字で書くと凄いコンパクトに纏まりますね。でもこれを極めていくとどんどんクンニが上手くなるとのことです。

■実技講習開始!! 舐められモデルにダメだしされササオ泣きべそ

 ここまで教わってきたことを試す時がきました!! プライベートでもあまりクンニしないササオですが、クンニクマンさんの教えを忠実に守って頑張ります!!! と最初は意気込んでいました…。

クンニ道場4                           (クンニする前のウキウキ気分のササオ。この頃はまだ現実を知らなかったな…。)

 クンニ開始! 最初は5分間、先ほど教わったことをもとに自分で消化できるか!? でも実際やってみると…あれ? クリってどこだっけ? ここかな? と思っていたところはビラビラでした…。エロ本屋なのにそんなのも知らんのかって思われるかもしれませんが、そんなにまじまじと本物のオマンコと対峙してここがクリでビラビラですみたいなこと話したことないですからね。とりあえずビラビラを舐めまくるわけですよ。必死に。必死過ぎて息出来なくて何回か口を離したりもしました。そうしたところで5分終了! モデルさん無反応…。
 その後モデルさんからダメだしタイム…。「全然クリに当たってないし、穴にねじ込んでくるから驚いちゃった。全然気持ちよくないです」…ですよね。クンニクマンさんからも「口は絶対に離しちゃいけない。空気が入って感じなくなっちゃうから」との事。
 ここで見かねたクンニクマンさんがお手本を見せてくれました。モデルさんの息づかいが荒くなり、感じているのがわかります。クンニクマンさんの舌使いも繊細で別の生き物を見てるような気分でした。僕の手の甲でも舌技を披露してくれました。なんかタッチが柔らかいというか、手の甲でも気持ち良い! 道場終わってから自分で何回かやってますが、あの感触には遠く及ばないです…。

クンニ道場5                          (クンニの様子を見守るクンニクマンさん。モデルさんは全く反応せず…。)

■実技で見えてきたササオの弱点

 何度かクンニした後、モデルさんから「気持ち悪い」とお墨付きをもらったササオ。メンタルはもう折れまくっていました。舌を普段動かしていないから同じペースで同じところを舐め続けられないし、クリをはじいて舐めてしまう癖があり、それが女の子にとっては「気持ち悪い」とのこと。大会に間に合うかわからないが、毎日舌トレをしておくことによって多少は違うだろうと言われました。舌トレは舌を突き出し上下左右10回、これを朝昼晩の3セットすることでできるとのことです。ゴッドタンは一日にして成らずってことですね! 現在仕事中でもお構い無しにやっていますが、編集部でそれに触れてくる人は誰もいません。良い職場だ!!
 講義と実技の様子は後ほど動画でアップさせていただきます。実技のほうなんかズバズバ言われてて見てる分には面白いと思います。皆さんよかったらそちらも見て下さい!!

■クンニ道場を終えて…

 正直、必殺技でも習って大会でいいところまでいってやる!! って甘い考え方でしたが、クンニはそんなに甘くありませんでした。何度でも通わないと上達が見込めない…そんな感じでした。クンニの道を極めるにはまだまだ長い道のりが必要みたいです。次の大会に間に合うかは微妙ですが、1回戦突破ぐらいはしないと企画的にもキツいのでササオは舌トレとイメトレを頑張ります!!

■ササオも出場する第5回全日本クンニ選手権詳細!!

 全国のクンニ自慢よ集まれ! 『第5回全日本クンニ選手権』を4月23日(日)14時~開催します! クンニテクニックの日本一は誰なのか?? クンニのテクニックを競う、おバカだけれども真面目な大会です。早いもので5回目を迎えます。8月6日(日)に開催の「クンニワールドカップ2017inTOKYO」の参加資格を得る最後のチャンスです! スペシャルゲストに、三代目葵マリー女史、ナメだるま親方、朱魅嬢を迎え、舐められモデルに、JKB嬢、青山真紀嬢、こざるくん嬢、新人のチャイルドパイパン嬢と超豪華な顔ぶれ! 現役のセクシー女優さんをクンニするチャンスです! エキシビジョンでは、ナメだるま親方のクンニ模範演技があります! 司会の松本格子戸とプロデューサークンニクマンの迷?コンビで今回も華々しく開催しちゃいます!

クンニ道場7

【日時】4月23日(日)開場13:30 開演14:00
【会場】シアターPOO
【見物料】男性:4000円 女性:3000円(1ドリンク付)
【ゲスト】三代目葵マリー女史、ナメだるま親方、朱魅嬢
【司会】松本格子戸

◆選手エントリー希望の方は以下をご覧ください!  
《競技方法》トーナメント形式にて、舐められモデルとゲスト審査員が勝敗を判定します。 詳細は、エントリー締め切り後の決定します。
《参加資格》男性、女性の性別問わず、20歳以上の健康な人なら誰でも参加出来ます
《エントリー料》男性:3000円 女性:1000円
《エントリー方法》 大会参加名、簡単なプロフィール、連絡先メルアド、携帯番号をお知らせください。クンニクマン kunnikuman69@gmail.com までメールにて。タイトルには必ずクンニ選手権出場希望と書いてください。
《申込受付》4月21日(金) 23時59分まで
 

選手エントリーはもう間に合わないかもしれませんが、観覧はできますので皆さん是非遊びに来て下さい!! ササオも頑張ってきま〜す!!

文:ササオ

◆ササオ君プロフィール
素人動画アップル写真館新人編集。テレビ番組のAD経験を活かしていろんなところに体当たり取材実施中!! いずれ自分も投稿デビューできないか画策中。取材してほしいエロネタを随時募集してます。よかったらTwitterフォローお願いします!! @SasaoSyashinkan

クンニ道場
舐め師「クンニクマン」が主宰する、世界で唯一「クンニ」が学べる場。 2006年3月に第1回を開催してから11年以上継続している人気イベント。マンツーマンレッスンでクンニクマン流クンニ術、クンニの心⋅技⋅体、女性を確実に感じさせるクンニ術を学べる。特徴は『クンニマッピング』と『パーフェクトフォーカス』『クンニマッピング』には、クンニやSEXに必要な全ての要素が含まれています!
 初参加の方は、【クンニ道場入門編】から!

①【クンニ道場入門編】90分10000円☆入会金10000円★クンニクマン流クンニ術の基本を学ぶ講習

②【クンニ道場初級編】90分15000円★特徴である「パーフェクトフォーカス」を学ぶ講習

③【クンニ道場中級編】90分20000円★「パーフェクトフォーカス」を完成させ「クンニマッピング」を学ぶ講習

④【クンニ道場上級編】90分20000円★「クンニマッピング」を完成させ、応用を学ぶ講習
※他にも上級コースがあります。

≪内容≫講義&実技(実際にクンニ出来ます)

≪条件≫道場の趣旨を理解する20歳以上の男女。参加名、メルアド、携帯番号、簡単なプロフを知らせること

≪申込み≫予約制なので、開催3日前までにお申込みください。参加費お支払い後予約確定とさせて頂きます!! 詳しくはクンニクマンさんのブログとTwitterをご覧下さい!

PROFILE

クンニクマン:『Noクンニ!! Noライフ!』 『クンニを制する者はSEXを制する!』を提言し、己の舌を生業とする世界で唯一の“カリスマ舐め師”。 氏自らクンニ道場を主催し、男性達へ「クンニの重要性」と「女性が感じるクンニ術」を伝え、日本中の女性達へ「クンニの気持ち良さ」を届けている。ブログ:kunnikuman69.blog.jp twitterアカウント:@kunnikumann