【投稿者リレーコラム】第1回:ビッグパパ『漁色投稿の壁』

 「業者」という言葉がある。こと素人位投稿界隈で囁かれる「業者」とは、モデルプロダクション所属のAV嬢をハメ撮りして雑誌に売る者、らしい。ネットの一部の人らは、現実離れした作品数や、レベルの高い女子を撮り続ける者を見ると、信じられないという思いが募り、思考停止した挙句、「業者」と認定してしまうようだ。

 単純に考えて、投稿雑誌が「業者」と手を組むことに何のメリットもない。「素人投稿」という根底を覆して雑誌の本分や読者の信頼を失うだけでなく、そもそもビジネスとして成立しない。仮に「業者」から作品を入手するのであれば、目線の必要があり、AVとしては異常に手の掛かる「投稿雑誌」などに消費せず、普通のハメ撮りを普通のエロ本にでも載せといたほうが商売の理に適っている。金もなく、衰退が叫ばれるエロ本屋が、今時そんな手の掛かるコンテンツを業者から買うことに、まったく意味は無い。

 当たり前だが、投稿誌には素人から作品が送られてくる。投稿が送られてくるからそれを掲載する、というだけの雑誌・サイトであり、それ以上でもそれ以下でもない。30年近くの信頼のおかげで、投稿者諸氏からの応募は途絶えることなく、雑誌やサイトを維持できるのに必要十分な量が毎月寄せられている。自らのハメ撮りを世に見せたい変態カップルはいつの世にもいるようで、新人も少なからずおり、『アップル写真館』は、まだやっていけそうな勢いであることを、読者並びに投稿者諸兄にはご報告しておきたい。

 さて、前置きが長くなったが、今回より投稿者諸氏からの寄稿文を掲載していく。「アップル」や「投稿」に関することなら何でもいいから書いて! と、やや乱暴な注文を投稿者諸氏に依頼している。普段は作品の公開のみで、その作品性や人間性への言及が希薄となりがちな「投稿」だが、こうした文字情報を通して、エロ以外の部分において投稿者の姿に肉薄できれば、作品鑑賞における興奮の度合いも増すことだろう。一人目をご紹介する。

投稿歴15年、投稿女性数216人以上!いずれもが若くハイレベルな女性!

 この立派な「業者」(!!!!!)の条件を兼ね備えた投稿者がいる。「ビッグパパ」氏である。氏の名誉の為に敢えて書く。氏は編集部と15年来の付き合いであるにも関わらず、律儀にも他の投稿者と同じく、投稿カードを添えた投稿を郵送で送り続けてくれる「投稿者」の一人に過ぎない。「業者」と勘ぐられても仕方のないハイレベル女子をコンスタントに投稿・掲載され続けていることはご存知だろう。もちろん、氏の過去の投稿女性においては「モデル」や「元AV嬢」など、一部読者が「プロ」と認定するような女性も幾人か存在した。しかし、氏が女子を捕獲する場所が高級クラブやキャバクラであることを考えれば、そうした過去を持つ水商売女性の一人や二人がいても決しておかしくなく、それをもって氏を「業者」と決めつけるのはナンセンスだ。

 それでも、独り歩きした「業者」という言葉によって、投稿作品や投稿スタンスをネット上で非難されることも多いビッグパパ氏である。下記寄稿でご本人も言及している通り、2017年には引退も考慮したほど、氏への心無い書き込みが5chで連続したことは編集部も承知している。その際の氏の心痛は預かり知れないし、編集部も悲嘆を感じざるを得なかった。「業者説」信奉者への皮肉ではあるが、氏が「業者」なら、たいした金にもならない我々と15年来もお付き合いいただいている、なんとも奇特な人物いうことになる。氏の承諾を得て書くが、氏の本職は立派な事業を持ち、年に数度しか休みもない多忙なビジネスマンであり、ハメ撮り投稿活動はその反動からの息抜きであるという。

 ごく普通のビジネスマンが200人以上の女性をハメ撮りし、それをエロ本に投稿している。にわかに信じられないだろう。だが、残念ながらそれが真実である。だから、素人投稿はエロいのだ。

 ごく普通のカップルが露出プレイを楽しんでいる。ごく普通の主婦が他人に貸し出されて中出し乱交している。ごく普通の夫婦が、日本で指折りのアナル拡張プレイを実践している…。だから、素人投稿はエロいのだ。

 もちろん、我々編集部やご本人がいかに否定しようにも、一度「フェイクニュース」に踊らされた人々に「真実」を伝えることには困難が伴う。そして、千の言葉で真実を伝えたところで、我々やご本人にとってその苦労に見合うものが得られるかは甚だ疑問だ。ならば、一言で氏の紹介を済まそう。すべて、偽りのない真実であり、このたった一つの真実をもって、我々『アップル写真館』は30年続けているし、変える気もない。そして、繰り返す。だから、素人投稿はエロいのだ。

「素人投稿専門誌『アップル写真館』で15年以上に渡りハメ撮り投稿を続けるビッグパパ氏が、最近のハメ撮り活動に関して色々語ってくれたよ!」。

「漁色投稿の壁」寄稿 P/ビッグパパ

 トップバッターと言う事で何を書こうか色々と悩みましたが、ここ最近、新規の女の子を投稿する際に、過去のハイレベルな子と比べてしまう冷めた自分を隠せなくなっている事を常に認識する様になっていました。これは投稿意欲にも直結していました。

所謂、投稿する女の子のレベルの頭打ち、壁です。

 数年前でしょうか。黒髪の超がつく美少女で、しかもバストはEの美乳というアニメや漫画の世界から出てきた様な超タレント級の子をハメ撮りした時です。投稿初期に何人かタレントの卵をハメ撮りした事がありましたが、加齢していく中で美少女に相手してもらえる限界の年齢を考えると、二度と出会えないレベルの子だと思えました。モデル系のスタイルいい飲み屋で出会える美人さんとは全く属性が違うと考えていたからです。

(ビッグパパ投稿の美女基準値、ハードルを上げてしまった稀代のE-cup美少女)

 僕の場合、投稿デビューした頃は美脚スリムであればバスト等に拘りは無かったのですが、新規開拓を繰り返して多くの出会いで目が肥え、美脚スリムだけでは満足出来なくなりオッパイはE以上ないと駄目とか更にオッパイが大きくても乳輪も大きくて綺麗でないと駄目といった具合に、段々と女の子に求めるレベルというかハードルが上がってしまっていました。

 ハードルが上がった為に、脱がせるまでは、いい感じだと思った子とホテルへ行っても脱がせたとたん色んな事にガッカリで、取り敢えずハメ撮りしても投稿する事も見返す事なく女の子自体放流したりのパターンがチラホラ出てくるようになりました。

 そうなってくると投稿意欲自体、萎えてきてました。昔の様にジャンジャン投稿してジャンジャン採用される時代なら別だったかも知れませんが…。

 しかし色んな意味で激動の2017年に壁を突破というか、新鮮な若い子達との新たな出会いで吹っ切れました。ある程度のルックスは必須ですが貧乳でも全身で感じまくりの恥態は滅茶滅茶コーフンしますし何度も会ってる内に予想外な関係に進展する場合も有り、エキサイティングな関係を楽しんでいます。多分、作品的にも新しい展開になりそうです。女の子のルックスのスペックだけに拘って一人で限界を感じて冷めていた自分は一体何だったの?と今は思っています。

 御存知の通り昨年は本気で引退を考えました、というか十日位、引退してました(笑)

 元々、投稿活動に冷め始めていた事もあり、いい機会だと思ってキッパリ辞めようとしていました。しかし編集さん始めとする多くの方々の温かい心に触れ、踏みとどまるどころか以前よりも増して投稿意欲が再燃しています。

 余談ですが二十歳から8年以上コンスタントにライフワークの様に週1でハメ撮りしてる子がいまして彼女曰く「私の女としての一番いい時期を全部、貴方に捧げてる」との事で、これも又、作品としては発表したら面白いかなぁと思っています。

ではでは。


 べた褒めやヨイショをする気は毛頭ないが、投稿界において氏のようなスタイルで活動を続ける投稿者は稀有である。皆無といっても良い。若い女子をナンパし、撮り続け、それを送り続ける苦労や苦悩もあるだろう。また、だからこそ、批判も浴びやすいのだろう。しかし、我々はシレ~ッと生ハメしてしまう氏の投稿に期待をするし、安定した撮影手法に愛着を感じるし、巨乳やパンストをこよなく愛するフェチ性を理解もしている。

 「投稿意欲が再燃」している氏が、次はどんな女子を捕まえてくるのか、ユーザーと同様に編集部も期待していきたい。最後に、氏並びに投稿者への心無く無益な書き込みが一つでも減ることを編集部として願ってやまないことも付け加えておく。楽しくスケベな素人投稿の世界を愛する人々なら、わかってくれるはずと信じている。(了)

(文責=編集部ヨシオ)

PROFILE

ビッグパパ:ご存知アップル写真館が誇るカサノヴァ。美女ハメ撮り投稿現役最長投稿者。送られてくる投稿は必ず美女、美小女、美ギャルと素人女性達の高いルックスは他の追随を許さない。また氏の高い撮影技術で撮られた映像は、アクの強い素人投稿というジャンルの中で万人にオススメできる上質な作品群でもある。 

ビッグパパさん投稿作品一覧

こんな記事も読まれています。