姫乃たまのR18 第3回 「恋とおじさん」

IMG_9040 のコピー

おじさんからの告白

 学生時代は好意を抱いてくれている男性から、「がっかりした」「君らしくない」などと言われるたびに、ひどく傷つきました。私は人の期待にできる限り応えたいと思っているのです。

 いつかアルバイト先で、あまり話したことのない社員の中年男性から告白されたことがあります。告白を聞いている時から、期待に応えられないことが憂鬱でした。やっぱり、君にはがっかりしたなどの言葉が聞こえてきます。
 しかし彼が、「僕が頑張って告白した勇気はなんだったの」
と口にした瞬間、この人の恋に私は関係していなかったことを知ったのです。
 彼は恋の中で徐々に私を見失っていき、ずっと私と話すことがないまま、自分の中で作りあげた私に恋をしてきました。だから、現実の私の行動に落胆し、最後に悔やまれるのが、「僕の頑張りの報われなさ」なのでしょう。
 彼はほとんど目の前で怒り出していました。じんわりと憂鬱が恐怖に変わっていきます。理想の私に恋をしている人は、当然ですが、現実の私とは話が通じないのです。

 しかし、彼が恐怖を与えてきたからといって、私も相手を責めることはできません。
 私の意識もまた、人の期待に応えられるか否かという自分の欲望に飛んでいました。ただ、どちらも同じように自分のことしか考えず、ひとり相撲をとっていただけです。

 しかし、この「ひとり相撲」の取り方が、魅力的なおじさんとそうでないおじさんを分ける要素になっている気がします。

PROFILE

姫乃たま(ひめのたま)

地下アイドル/ライター 1993年2月12日、下北沢生まれ。16才よりフリーランスで地下アイドル活動を始め、ライブイベントへの出演を中心に、文筆業も営む。音楽ユニット 「僕とジョルジュ」では、作詞と歌唱を手がけており、主な音楽作品に『First Order』『もしもし、今日はどうだった』、僕とジョルジュ名義で『僕とジョルジュ』『僕とジョルジュ2』、著書に『職業としての地下アイドル』(朝日 新聞出版)『潜行~地下アイドルの人に言えない生活』(サイゾー社)がある。

【リンク】

オフィシャルサイト

Twitter